HOW TO WEARマシェリの着け方

ウィッグの装着前に

最初に自毛のブラッシングをしてください

頭の中心を、生え際から後方にブラッシングすることで、ご自身の自然な毛流になります。
ウィッグとなじみやすくなるように、ふんわりと自然にしておきましょう。

ウィッグのブラッシングをします

ウィッグをブラッシングすることで、ウィッグ本来のスタイルが出せます。ふんわりとスタイルを出しておくことで、自毛となじみやすくなります。
ウィッグの前になる部分をつまみぶら下げた状態で髪をかきあげるようにつまんだ指の当たりから下にブラッシングして、フワッっとするように2~3回入れます
毛先の部分をブラシ全体を使わずに、先端で軽くブラッシングしてください。
(ブラシ全体で引っ張るようにブラッシングしてしまいますとふわふわ感が出ない場合があります。)

ワンタッチストッパーの取扱い方法

ストッパーについて
ワンタッチで、取り付け、取り外しが簡単に出来ます。

ストッパーの開閉の仕方

両端を持って、両手の人差し指で下から上に押し上げてください。
パチンと音がして、ストッパーが跳ね返って開きます。
親指で押し込むとストッパーが閉じます。
閉じている状態
開いている状態

装着時ストッパーの扱い方

装着位置を決めたらベースをめくり上げストッパーを開きます。
櫛部分を直角に立て、そのまま寝かすように自毛をすくいます。
めくったベースを元の状態に戻します。
開いた状態のストッパーをベースの上からパチンと閉じます。
ストッパーは、ベースの前部分を先に留めてから後部分を留めます。

~注意事項~

ストッパーは、強くすくって留めると自毛が引っ張られて痛くなります。
逆に、弱すぎると自毛とウィッグに隙間ができ、グラグラして不安定になります。
自毛が引っ張られて痛みが出る
※長時間着用しているとかゆくなる場合があります。
ウィッグが頭部に安定しない
※ブラッシングするとウィッグが動いてします。
※ストッパーの交換、取り付け位置の変更、ストッパーの追加に関しては、各サロンまでお問合せください。

分け目用ウィッグの装着方法

1前と後ろを確認します
最初にウィッグの前後を確認します。
ネームタグが付いている部分が後になります。
このとき、ストッパーは全て閉じた状態にしておきます。
2ウィッグを頭部に乗せますベースの端を持ち、髪の生え際から約2cmの位置に乗せます。
※ストッパーは閉じた状態です。
3フロント部分をなじませますウィッグを前後させながら、前髪の位置に合わせます。
自毛と前髪をブラシ先端部分で軽く引っ掻くようになじませながら位置を決めます。
※ブラシはタテにしてとかしてください。
4ストッパーを留めます
前方ストッパーのベースをめくりながら開きます。その際、位置がズレないように反対の手でウィッグを押さえておきます。
自毛をすくい、ベースを戻しながらストッパーを閉じます。(詳しい留め方は「ワンタッチストッパーの取扱い方法」を参照してください)
5サイドをなじませますウィッグの中心を指先で軽く押さえ、自毛とウィッグの境目をブラシ先端部分で軽く引っ掻くようにとかしてなじませます。
※ブラシはタテにとかしてください。
6最後に全体を整えます。ウィッグの中心を指先で軽く押さえ髪の流れに沿ってブラッシングします。

~注意事項~

ブラシ全体でウィッグの根元から下にとかすと、ウィッグがペタンとなってしまいます。
ウィッグを前の方に着けてしまうと、後頭のつむじ部分が隠れにくくなります。

つむじ用ウィッグの装着方法

1前と後を確認します
最初にウィッグの前後を確認します。ネームタグが付いている部分が後になります。この時、ストッパーは全て閉じた状態にしておきます。
2自毛をブラッシングします
つむじから生え際に向かって前方へ流すようにとかします。
3ウィッグを頭部に乗せます
前方のストッパーを開けた状態にしておきます。ベースの端を持ち、つむじ部分を覆うように乗せます。
4ストッパーを留めます
位置が決まったら前方のストッパーを閉じます。続いて後方のストッパーを閉じます。(詳しい留め方は「ワンタッチストッパーの取扱い方法」を参照してください)
5サイドをなじませます
ウィッグの中心を指先で軽く押さえ、前に流した自毛をかぶせるようにブラシでとかしてなじませます。
※ブラシは深く入れずに表面を優しくとかしてください。
6最後に全体を整えます
ウィッグの中心を指先で軽く押さえ、神の流れに沿ってブラッシングします。

~後方に流さないタイプ~

ウィッグに自毛をかぶせず、周りの自毛となじませます。

トップ用ウィッグの装着方法

1前と後を確認します
最初にウィッグの前後を確認します。ネームタグが付いている部分が後になります。この時、ストッパーは全て閉じた状態にしておきます。
2ウィッグを頭部に乗せます
ベースの端を持ち、髪の生え際から約2cmの位置に乗せます。
※ストッパーは閉じた状態です。
3フロント部分をなじませます
ウィッグを前後させながら、前髪の位置に合わせます。自毛と前髪をブラシ先端部分で軽く引っ掻くようになじませながら位置を決めます。
※ブラシはタテにしてとかしてください。
4ストッパーを留めます
前方にあるストッパーのベースをめくりながら開きます。ストッパーは1つずつ固定します。その際、位置がズレないように反対の手でウィッグを押さえておきます。自毛をすくい、ベースを戻しながらストッパーを閉じます。続いて後方・左右のストッパーを閉じます。(詳しい留め方は「ワンタッチストッパーの取扱い方法」を参照してください)
5サイドをなじませます
ウィッグの中心を指先で軽く押さえ、自毛とウィッグの境目をブラシ先端部分で軽く引っ掻くようにとかしてなじませます。
※ブラシはタテにしてとかしてください。
6最後に全体を整えます
ウィッグの中心を指先で軽く押さえ、髪の流れに沿ってブラッシングします。

~前髪を上げるタイプ~

ウィッグの前髪に自毛の前髪を合わせてなじませます。

~注意事項~

装着前に自毛とウィッグのブラッシングをしないで装着するとウィッグが馴染まず浮いてしまい、キノコの様になってしまいます。
ウィッグ装着後、根元から深くブラッシングすると、ボリュームが押しつぶされペタンコになってしまいます。
ウィッグを前方に着けてしまうと、前髪が重くなりバランスが悪くなってしまいます。

ウィッグの外し方

1ストッパーを開けます

後方のストッパーの両端を、両手の人差し指と親指でつまみ、軽く押し上げるとパチンと開きます。同様に、前方のストッパーの両端を両手の人差し指と親指でつまみ、軽く押し上げて開きます。
※トップ用は両サイドに1つずつ付いていますので、片方ずつ外していきます。

2ストッパーを外します

全てのストッパーを開いたら、後方のストッパーのベースを上にめくるように返しながら、自毛が引っかからないように前方から後方に向かって、ゆっくり外します。

~注意事項~

ストッパーを開いた状態でも櫛は内側を向いているので、帽子を脱ぐようにウィッグを取ると、自毛が絡まって引っ張られてしまい、自毛が抜けてしまう場合があります。ご注意ください。

カールタイプの取り扱い方法

○ウィッグの絡みをとります

ウィッグの表面を毛先に向かって軽く(なでるように)とかします。
※その際、ブラシは深く入れないでください。
続いてウィッグを裏面にしてカールの毛先をとかします。
再び表面に戻して、今度は通常のブラッシングを全方向から行ってください。(「ウィッグの装着前に」のブラッシング参照)

~注意事項~

カールタイプは、ウィッグのカールをしっかり伸ばしてから装着してください。自毛となじまずカールが分離したスタイルになってしまいます。ご注意ください。

HOW TO CAREマシェリのお手入れ

ウィッグのお手入れは、シャンプーで行ってください。お手入れの目安は、3回装着したら1回シャンプーする程度で結構です。
シャンプーは自毛と同様、ご家庭用シャンプーでお手入れできます。トリートメントをする必要はございません。

本製品のお手入れ方法

■準備

シャンプーをする前にウィッグをブラッシングし、毛のもつれや、ついたほこりを落とします。ストッパーは全て閉じておいてください。

■洗浄

洗面器やボウルで水またはお湯にシャンプーを入れて泡立てます。そこにウィッグを浸し押し洗いします。その後は、流水で約1分ほど毛先からとかしてから、すすぎ洗いをします。

■タオルドライ

すすいだ後に乾いたタオルで軽く押さえるように水気を取ります。ベースネット部分は特にていねいに水気を取ってください。

■セット

ウィッグをよく振ってカールを戻し、半乾きの状態でブラッシングして毛流を整えます。その後乾いたタオルの上に乗せて自然乾燥させます。